自分でシェービングするのはめんどくさい!上手に効率よく行うコツを教えます

自分でシェービングを行うとき剃り残りが無いよう丁寧にそるのが難しいため、結構めんどくさいですよね。また剃りにくい部分があるとうまく剃れずにイライラしたり、剃り方が悪いと肌を痛めてしまうことも。そこで上手にシェービングするコツを紹介します。

めんどくさいセルフシェービング

シェービングって定期的に行わないといけないうえ、剃りにくい部分があったりしてすごくめんどくさいですよね。

また剃り残しがあったり、間違ったシェービング方法で肌トラブルを引き起こしてしったりすることも珍しくありません。

でもシェービングは見た目をキレイにすのはもちろん、産毛と一緒に古い角質も除去できることから、ターンオーバーの正常化やニキビの予防などにも一役買っています。そのため美しい肌を手に入れるためにはシェービングが不可欠なんです。

そんなシェービングをできるだけ手軽に、またキレイに行う方法やコツを大公開!毎回シェービングで悪戦苦闘しているアナタ、ぜひ参考にしてみてください。

自分でシェービングしたい箇所

背中

背中って意外と産毛がたくさん生えていますよね。普段は背中を露出することは少ないですが結婚式などでドレスを着る場合、背中が大きく開いているためたくさんの人に背中を見られます。そのため、ブライダルシェービングとして行いたいと考える人が多いです。

うなじ

うなじにもたくさんの産毛が生えています。ただ普段髪の毛を下している人は、処理することが少ないのが現状です。

でも結婚式やちょっとしたパーティーなどに参加する時は髪をアップにすることも多いため、そういった場合にシェービングしたいと考える人が多い傾向にあります。ですので背中と同様、ブライダルシェービングとして行いたい場所と言えますよね。

顔と言えばやはり一番目につく場所であるうえ細かな産毛があちこちに生えているため、念入りにシェービングを行っている人も多いのでは?

また顔はシェービングすることで古い角質も一緒に除去され、クスミが取れたりターンオーバーが正常化されるなど、美肌にも効果を発揮します。

そのため、各部位の中で一番念入りかつ確実にシェービングしたいと考える人が多いんですよ。

vio

近年人気が高まってきているvio(デリケートゾーン)脱毛、サロンやクリニックなどで施術を受ける人も多いのでは?

そんなvio脱毛ですが、実は施術を受ける前にシェービングする必要があります。

しっかりシェービングを行わないと施術を断られたりするサロンもあることから、脱毛の事前処理としてvioのシェービングをする人も多いんですよ。

自分でシェービングする際の方法とコツ

十分に体や脳の疲れを取ってからシェービングを始める

シェービングを行う場合、体や脳の疲れをしっかりとってから行うことが大切です。でも体と脳の疲れって、シェービングにあまり関係なさそうと感じる人もいるのでは?

実は大アリなんですよ。

体や脳が疲れているとホルモンバランスが乱れ、肌が必要以上に敏感になってしまい、ちょっとしたことでも肌トラブルを引き起こすことがあります。

また生理前などもホルモンバランスが崩れやすいため、避けたほうが良いでしょう。

肌を十分に柔らかくしてから行う

シェービングは肌を温めて柔らかくしたりすることで、スムーズに産毛を処理することができます。ではどうやって肌を柔らかくすればよいのかというと、一番手っ取り早いのはシャワーなどを浴びてから行うこと。

ただし、シャワーだけではどうしても毛の根元まで温めることは難しいです。よりキレイに剃りたいのであれば、少し面倒ですが蒸しタオルなどを当ててしっかり肌を温めてから行うと良いでしょう。

シェービング剤を使用

何も付けずにシェービングを行うと、どうしても肌に負担がかかってしまい肌トラブルが起こったり、うまく剃れないといったことも良くあります。

ではどうすれば良いのかというと、シェービング剤を使用することです。

シェービング剤を使用することで滑りが良くなり、スムーズかつキレイに剃ることができます。またシェービング剤が肌を守ってくれるので、肌への負担が少ないんですよ。

丁寧かつゆっくりシェービングする

シェービングを行うとき、早く終わらせるためササッと毛を剃ってしまう人もいるでしょう。でも素早く行ってしまうとどうしても手に力が入ってしまい、肌が傷つきやすくなってしまうんです。

肌に負担をかけないためにも、シェービングは優しく丁寧にゆっくり行うように心がけてください。

また毛の流れと逆の方向にシェービングを行うと、深剃りや毛穴を傷つけてしまうこともありますので、毛の流れに沿って行うようにすることも大切です。

しっかりとしたアフターケア

シェービング後はしっかり保湿ケアを行うこともとても大切です。特にシェービングの後は肌が乾燥しやすくなっています。もしそのままケアせずに放っておくと、乾燥や毛穴の黒ずみの原因になることも少なくありません。そのため化粧水や乳液、保湿クリームを付けるなどしっかり保湿ケアを行ってくださいね。

サロン脱毛前の事前自己処理

綺麗に脱毛するために必要

サロンで脱毛してもらう際、スタッフの人から「施術前にシェービングしてきてくださいね」と言われます。ではなぜ脱毛前にシェービングする必要があるのか気になりますよね。

実はサロンで主に行う光脱毛は、特殊な光を毛根部などに当て、毛根細胞を破壊することで脱毛しているのです。でも毛が長いままだと光が毛根部分までうまく伝わらず、脱毛の効果が得られないことがあります。そのため、キレイに脱毛するためには事前のシェービングが不可欠なんですよ。

事前の自己処理で効果を高める

シェービングもサロンで行ってくれたらいいのに、なぜ事前に自分で行わないといけないの?と疑問に思う人もいますよね。

実はシェービングは事前に行う方が、脱毛の効果を高めてくれるんですよ。どういうことかというと、直前にシェービングを行うと毛が皮膚の中に埋もれてしまうんです。毛が埋もれてしまうと、光の効果を十分受けることができなくなり、脱毛の効果が落ちてしまいます。

ちなみに、施術を受ける2~3日前にシェービングを行うのがベストと言われているんですよ。

電気シェーバーの使用がおすすめ

カミソリでシェービングを行う場合、どうしても剃り残しが出てしまったり肌を傷つけてしまうこともあります。

ではどうやって処理を行えばよいのかというと、電気シェーバーがおすすめ。

電気シェーバーは肌への負担が少ないうえ、とても簡単!自己処理がめんどくさいと感じている人にはもってこいなんですよ。

ちなみにPanasonicの「フェリエ」がおすすめ。

フェリエは元々顔の産毛を剃る為に発売されたのですが、それ以外の腕やvioなどにも使うことができます。また刃先が丸いので肌に優しく、コンパクトで使いやすいと人気の電気シェーバーなんですよ。

 

興味がある方はこちらから購入できます。

amazon  1,391円

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A8-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF-ES-WF40-P/dp/B00IJ46RQA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1487299072&sr=8-1&keywords=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A8

面倒、不安な場合はサロンの利用も

シェービングは正しい方法やコツをつかむことで、キレイに仕上げることができます。でも中にはうまくできない、肌が弱くどうしても傷ついてしまう、やっぱりめんどくさいなどと感じる人もいるでしょう。また自分でできない背中やうなじなどは、無理して行うと肌を傷つける恐れがあります。そのため、場合によってはシェービングサロンを利用するのも一つの手です。自分に合った方法でシェービングを行い、美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょう。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。